繰り返し売れることの重要さ。

 

家電やおもちゃ、
中古品せどりの場合は

特にそうですが、

 

同じ商品を繰り返し売ることを
前提に仕入れることは少ないと思います。

 

 

 

というか、
現実的に難しいです。

 

 

例えば、

 

型落ちになった家電を
安く仕入れて適正価格で売る。

 

 

 

という一般的な家電せどりの場合。

 

 

同じ商品を
いくつも仕入れるとなれば、

 

何店舗もお店を回って、
商品を探す必要がありますよね。

 

 

慣れたせどらーさんなら、
店舗交渉や電話予約などで、

 

ある程度効率を
上げることはできると思いますが、

 

それでも、
生産終了となれば、
流通量も徐々減り、

手に入りづらくなります。

 

 

 

そして、
希少価値が上がります。

 

利益が大きくなるのは良いですが、

 

そうなると、
当然ライバルもチェックしているわけで、
いつかはその商品を仕入れられなくなります。

 

 

その反面。

 

食品は、

同じ商品を、

 

何度でも、

同じ価格で、

 

売り続けることができます。

 

 

何十年も売れ続けている、
ロングセラー商品も

めずらしくありません。

 

 

食品を扱うようになってから、

 

家電やおもちゃの仕入れには
ほとんど行くことがなくなりました。

 

 

 

食品は、
売れる商品をまとめて仕入れ、
売り切れそうになったら補充するだけの

楽ちんせどりです。

 

 

 

そして、
まだまだライバルの少ないジャンルです。

 

 

 

やるなら今がチャンスですよ。

 

 

むぁあ。

 

 

せどりすとのもう一つの使い方です。
見る

 

 

この使い方は知らんかった。

 

有料ツール買うより、

せどりすとにこの設定をするだけで、

プレ値のチェックができますよ。

 

 

 

でわんでわん!

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!ツイッターでも、更新履歴を流してます。


カテゴリー: 記事   パーマリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この記事のトラックバックURL :

メルマガ登録

 

メルマガ登録をされると
本編動画が視聴できます。

※全4話を、4回に分けてメルマガで配信します。
メルマガ登録をしてくださいね。