プロフィール

はじめまして。

tiisaisaizu

タローと申します。
こちらで自己紹介をさせていただきます。

地元は札幌ですが、転勤のため2011年から約 4年間、東京に住んでいました。
住んでいたのは葛飾区の下町で、昼間から酔っぱらいがフラフラしていたり、
朝、駅のホームに新鮮な血のりが飛び散っていたりと、なかなかファンキーな街でした。

会社帰りには、自宅と駅の間にある居酒屋(自宅から徒歩2分)で飲んだくれ、
下町のおっさんやおばはん。土建屋の酒乱社長とか中国人やら韓国人、
タンザニア人もまぜこぜになって「ヒーハー!」言いながら、記憶を失うまで
飲み続ける日々を送っていました。

※歩けなくなると自宅まで運んでくれる安心サポート(無料)付き。

そんな中、せどりを知ったきっかけは、2013年の暮れ。
何気なく読んだ投資系のメルマガで、投資の元手をせどりで捻出するという
離れ業をやってのけた人がいるという記事を読み、興味を持ったという次第です。

で、「ほうほう。せどりおもろいじゃん。」と、試しに自宅のゲームソフトを
FBAに出品してみると、ボッコボコと売れてゆくので「これは、イケる!」と売れることを
確信。また、「ああん。もう売る物がないぜ。」と、仕入れの問題にも気づきました。

でも、うれしかったですね。
売れることは確信していたので、
仕入れさえ安定すれば商売になるってことも確信できました。

それで、せどりに対する不安みたいなものは消えました。

そうして、いろいろとせどりのことを調べていたところ、
近々某せどりチームの忘年会があるとの情報を得ました。
しかも、特別にチーム生以外も参加できるらしい。

迷わず参加。
その翌日には秋葉原でコンサルを受け、開眼しました。

その後は、副業で稼げることが面白くてたまらず、
通勤途中にせどり、休日は秋葉原でせどり。
家に帰っては電脳せどり。仕事の休憩時間にせどり。

相変わらず、毎晩のバカ騒ぎはやっていましたが、
二日酔い&せどり漬けな日々を送ることになりました。

当時、中国人の彼女と同棲していたのですが、
最初は「ニホンジンバカジャナイカラソンナウマクイカナイオモイマスヨ」

※聡明な日本人が、安く買える物をわざわざ高い値段で買うわけがないとの意。

と言っていたのが、これがちゃんと利益になることが分かってくると、大陸の人のおおらかさなのか、商品で足の踏み場もなくなってきた部屋で文句も言わず「ショウバイナルダライイダトオモウ」「シールハリマスヨ」と手伝ってくれるようになったのも良い思い出です。

ただ、ちょっと出品をサボると、1DKの狭い部屋は商品でごった返すしドアも開けられない。酔っぱらって商品の山にダイブし「新品」が「中古-可」になるという無残な物語も
もちろん経験済です。そんなのFBAあるあるですよね。

そんなこんなでせどりにせどって、半年後に月商100万(粗利20%)を突破。

これ、もしかして。
「イケそうな気がするぅー。」

と、ドーパミン垂れ流しながらせどり続け、2015年初旬に月商150万を突破。
※相変わらず薄利多売の粗利20%。

会社への不満は特にありませんでしたが「自力で稼いで生きていきたい。」
という気持ちが強くなり、2015年 3月末で会社を退職しました。

※この頃、彼女は学生ビザ切れ(出席日数不足)で中国に強制送還。
「ユニクノイキタイユニクノイキタイ」(注:ユニクロね)って学校サボった罰です。
そのため、以降は東京での孤独なせどりの日々が続くことになりました。

そうして、2015年 7月。
「そろそろ札幌の空気が吸いてー!雪かきしたくねーけど雪見てぇー!
スープカレー食いてぇー!水曜どうでしょうDVD-BOX買っちゃったー!」

と、衝動的に札幌へ帰ってきちゃいました。

現在は電脳せどりを中心に、出来るだけ手間をかけずに稼ぐことを目標にしています。

==========================================

【略歴】
2013 年 12 月:とある投資系のメルマガで「せどり」を知り、せどりを始める。
2014 年 7 月:月商 100 万円を突破。
2015 年 3 月:月商 160 万円を突破。専業へ移行。
2015 年 7 月:月商 270 万円を突破。北海道へ帰る。

==========================================

【メルマガ:爆酔せどり通信】
 http://sentence-ex.jp/fx/taro01