「送料無料」じゃないと仕入れない?もったいねっす。

北海道に帰ってきてからというものの、
「送料無料」に敏感になります。

○○円以上の買い物で送料無料。

とか、書いてあると
もちろん○○円以上で仕入れちゃいます。

ただ、卸業者のなかには。

「北海道・離島の場合は料金に限らず1コ口1200円かかります。」

など。

どうしても送料が
かかってしまう場合が多々あります。

それでも、
利益が出るならいいかな。。

って、
そのまま仕入れちゃうのは
もったいないですよ。

もちろん。
仕入れを諦めるのは
もっとモッタイナイ。

そこで重要なのが「交渉」です。

どんな「交渉」が出来るかというと。。

・そっちで送料負担しろ。

これはダメですね。
相手方にメリットありません。

・○○個買うから送料負担しろ。

これも、場合によっては
いけるかもしれませんが、

厳しいと思います。

じゃあ、
どうやったら送料を安くできるか。

ここで、
ちょっと考えてみると。。

アマゾンには、
ラベル貼り付けサービスがあります。
http://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html?nodeId=200496310

有料でラベル貼り付けを
アマゾンに依頼できるサービスですね。

これを利用すれば。

・アマゾン倉庫に直送してくれ。

という交渉が可能になります。

その場合。

個々の商品にはラベルを
貼らなくてもよくなりますが、

配送ラベルを段ボールに貼る必要があります。

そこで。

卸業者に、
配送ラベルを段ボール箱の上に
張り付けてもらうというのをお願いしちゃうわけです。

その点だけ了承してもらえれば。

送料が安くなる。
もしくは無料になる。

ということが実現できます。

今後も、継続的に同じ方法で
取引ができるかもしれませんね。

実は。。

卸業者側も、
北海道だけ送料かかるのは申し訳ない。。

と、心の中で思ってくれている場合が多いです。

配送ラベルを段ボールにペタっと貼って、
そのままAmazonのFBA倉庫へ直送するくらいは
やってくれることがあります。

その程度の作業で、
お互い気持ちよく取引ができるのなら、
双方メリットはあるのかなって思います。

地方にお住いの場合はもちろん。
首都圏にお住いの場合でも、

アマゾン倉庫への直送ができれば
送料&手間の節約になりますので是非お試しください。

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!ツイッターでも、更新履歴を流してます。


カテゴリー: 未分類   パーマリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この記事のトラックバックURL :

メルマガ登録

 

メルマガ登録をされると
本編動画が視聴できます。

※全4話を、4回に分けてメルマガで配信します。
メルマガ登録をしてくださいね。