久々に食品(今回は駄菓子)をリサーチしてみたら。。やっぱりボッコボコ見つかった。

普段は在庫補充ばかりで、
新規開拓をサボり気味だったのですが。

今日は久々に、

食品のリサーチをやっていました。

リサーチといっても。

私の場合、
かなり大ざっぱなやり方です。

パッと思いついたジャンルを決めて。

そこから、

売れそうで面白そうな商品を
掘り下げるようなイメージでしょうか。

ちょっとわかりづらいですね。。

えー。

例えば。

昨日、車の運転中に、
私が小学校の頃によく行っていた
駄菓子屋さんの前を通ったのですが。

驚くことに、
まだ営業していました。

看板もちょっとキレイになっていて、
「意外と儲かっているのかな~」なんて思い。

ちょっとうれしくなっちゃいました。

そこで。

今日は「駄菓子」のジャンルを調べてみようかな。

という気持ちになった次第です。

さて。

「駄菓子を売る」と決めたとして、
まず何をするかというと。

最初に、
アマゾンで売れている駄菓子をザッと確認します。

確認方法は、

アマゾンの検索窓からでも、
モノレートでも、どちらでも構いません。

そこから、
価格差のある商品を見つけていくわけですが。

実際。

駄菓子などの低価格な
商品は、利幅がほとんどありません。

大体はFBA手数料で赤字になります。

普通はここで詰んでしまい。

「なんも見つけられんわぁ~。」
「駄菓子なんてやっぱムリだろ。。」

となるはずですね。

でも大丈夫。

ちゃんと見つけ方はあるんですよ。

見つけ方は、
家電やおもちゃなどの、
フツーのせどりと同じなんです。

たとえば。

Amazonが出品していない商品なんかは、
利幅のある商品が比較的多いですよね。

※Amazonが出品していても、
関係なく売れるモノもありますが今回は省きます。

あとは、セット売りの商品なんかも
利幅があるので仕入れ対象になります。

まぁ。

所詮駄菓子なので、
1コ売っても数百円の粗利なのですが。

きっと駄菓子屋さんは、
もっと少ない粗利で商売しているハズだし。

それを物凄い回転で売っていることを考えると。

自ずとFBAでの販売も、
似たような形になるのも当然だと思います。

FBAでも回転が良く、
繰り返し売れる商品がたくさん見つかりましたよ。

粗利は小さいですけど。
※粗利率は悪くないです。

こんなのとか。
http://mnrate.com/item/aid/B003VYC9XS#ref

それと、大事なのは仕入れ先です。
安く仕入れられるところを抑えておくのも大事ですね。

さて、最後にお知らせです。

オイシイ電脳仕入れ先と、
食品のリサーチ方法を解説した動画特典ですが。

提供できるのが今日までになりそうです。

というのも、

NEWホームセンターせどりという教材の特典として、
上記の動画特典をお付けしていたのですが。

教材の販売元より連絡があり、

本日中でNEWホームセンターせどりの
販売を終了するとのことでした。

かなり売れている教材なので、
早めに締め切った方が

購入者さんの利益になると
判断されたのかもしれませんね。

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!ツイッターでも、更新履歴を流してます。


カテゴリー: 未分類   パーマリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この記事のトラックバックURL :

メルマガ登録

 

メルマガ登録をされると
本編動画が視聴できます。

※全4話を、4回に分けてメルマガで配信します。
メルマガ登録をしてくださいね。