モノレートでリサーチするとき、キーワードはどんだけネバるべきか

スカイプとかLINE@で
日々コンサル生とやり取りをしているんですが、

 

電脳リサーチで、なかなか効率の
上がらない原因っていうのがいくつかあって。

 

 

そのひとつが、

一つのキーワードでネバりすぎるパターン。

 

です。

 

 

今回のコンサルでは、
「小型・軽量プログラムでリピートをマスターしたい」という
志の方が多いので、

 

普段のサポートやスカイプコンサルでも、
テーマは小型・軽量プログラム関連が多くなっています。

 

んで。

 

モノレートから小型・軽量をリサーチする場合、
まずチェックするポイントは、商品の回転(売れる頻度)ですね。

 

回転が悪いと、
そもそも小型・軽量プログラムとして

商品の登録ができないので
まずチェックするのは回転になります。

 

回転といっても、ライバル人数とか
過去にアマゾン本体が売っていたかどうか、
とか。

その辺の要素も、
考えたうえでの回転がまず大事っす。

 

 

んで。

 

モノレートでリサーチをする場合、
検索結果を「人気順」で並び替えるんですけど

一つのキーワードで検索をしていると、
徐々に回転が悪い商品が出てくるようになってきます。

 

なので、回転悪くなってきたかな~
っていうゾーンに来たら。

サッサと別なキーワードで
リサーチしちゃうのがハヤいっすね。

 

あとはー。

 

小型・軽量プログラムのリサーチ対象となる
回転の目安とかも、ザックリわかってきたところがあるので
そのうち何か書きまーす。

 

■ええれぽーと

 ・なつかしい。。コレ系、新千歳空港で仕入れていた記憶があります。
  ⇒ 見る

 

 

ほんざー

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!ツイッターでも、更新履歴を流してます。


カテゴリー: 未分類   パーマリンク


コメントは受け付けていません。

この記事のトラックバックURL :

メルマガ登録

 

メルマガ登録をされると
本編動画が視聴できます。

※全4話を、4回に分けてメルマガで配信します。
メルマガ登録をしてくださいね。