パッと見メンドクサイからやる人少ないけど実際にやってみると全然難しくないというナイスな仕様のせどり

動画の編集が終わらん。

 

・・・

 

 

ハッ!

って感じでいつの間にか寝て、
起きたらまた作業。

 

そんなのが、
昨日~今日な日常です。

 

 

んじゃ~

 

最近オモロイと何度も書いてきた
小型軽量プログラムの
メリットをについてなんですが。

 

リサーチの時に
たぶん気になるのが。

 

サイズとか重量、
売れ行きの判断ですよね。

「コレは、果たして小型になるのか」

と、商品サイズを調べたり。
重量を調べたり。

 

でも、サイズとかの情報が
見つからないから判断のしようがなかったり。。

 

せっかく仕入れたはいいものの、
「コレは、小型軽量商品に該当しませんぜ」

 

 

とか。

 

後からアマゾンに言われたら、
イヤじゃないですか。

 

でも実際のところ、
そこは問題ないんですよ。

・商品を探す
・アマゾンにファイルをアップロードしてチェック
・問題なければ仕入れる

 

そんな感じで、仕入れる前に

「小型軽量になるかどうか」

のチェックが出来ちゃいます。

小型軽量として扱えない商品は、
こんな感じでエラーになるので事前にわかるんです。

まぁ、自分も初めて
小型軽量をやった時なんですけど、

「エクセルファイルをアマゾンのサイトにアップする」
って手順で、ちょっと詰まりました。

アマゾンの作ったエクセルファイルって、
説明わっかりづらいんですよね。

 

 

英語を機械翻訳したような説明書きというか、
端的過ぎる説明というか。

 

そんなわけで、
テクサポへの問い合わせとかも経て。

 

なんとか小型軽量プログラムを
扱うことが出来るようになりました。

 

 

実際に何度か手順を繰り返してみたら、
メッチャ簡単な作業なんですけどね。

 

文章だけだとわかりづらかったなぁ。
という印象でした。

 

なのでね。

パッと見メンドクサイからやる人少ないし、
実際にやってみると
全然難しくないというナイスな仕様になっています。

 

 

今、完全にオススメなやり方ですな。

 

まだ始まってから2ヶ月ちょい。
イチバン新しいせどりの手法を身に付けましょ~
 ⇒ アマゾン出品大学

 

 

 

■ええれぽーと

・文字通り、「せどり」が出来るようになるやり方。
 ⇒ 見る

・今のうちに仕込んでおくべし。
 ⇒ 見る

 

 

ほんじゃら~~~~~~。

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!ツイッターでも、更新履歴を流してます。


カテゴリー: 未分類   パーマリンク


コメントは受け付けていません。

この記事のトラックバックURL :

メルマガ登録

 

メルマガ登録をされると
本編動画が視聴できます。

※全4話を、4回に分けてメルマガで配信します。
メルマガ登録をしてくださいね。