回転は Amazonさんが教えてくれる。【実践編】

今日はね、
事務所に冷蔵庫が届きます。

当初は「別に要らないかなぁ」なんて
思っていたんですが、

思いのほか
料理を振る舞っていただけることが多く。

事務所メンバーの気持ちも徐々に、

「あってもいんじゃね」

という方向に傾いていき、
ついに冷蔵庫の導入が
決定されたというワケです。

うーむ。

これで、私の得意料理
「ガパオライス」も作れるようになるな。

ナンプラーかっとこ。

ぷんぎゃっぺ。

昨日ね。

回転がワカラン商品でも、
テスト仕入が出来る見分け方
みたいなのを書いたのですが。

「小型軽量プログラムの登録可否で見分ける」

というやり方を、
あのあとに試してみました。

 ※試したのは、昨日載せたのとは違うカタログですよ。

今回、小型軽量プログラムの
登録可否で見分けたかったのは、

カラーバリエーションが8種類ある商品で、
レビューは多いけど、どのカラーが人気なのかが
ワカランというケースですね。

そんなわけで、
全カラーの登録を試してみたところ。

こんな感じでした。

うん。
わかりやすい。

「回転が悪い」商品を、
Amazonさんが教えてくれました。

画像は4つまでしか映していないのですが、
実際に登録できたのは、8商品中3つでした。

これで、

「過去4週間に25個以上売れている商品」

が3つ判明しました。

すんごく人気なのかは不明ですが、
そこそこの需要はあるので、

テスト仕入を仕掛けても良いかなと
判断した感じですね。

楽天お買い物マラソン中なので、
そのままポチっと仕入れちゃいましたよ。

見込みはこんな感じ。

まぁ、モノを売っていると。

「ホワイト」「ブラック」は定番カラーなので、
人気の傾向にあるってのはわかりますが、

他のカラーって、どれが人気なのか
あんまりわかんないですよね。

ブランドの定番カラーみたいなのがあれば、
それなんでしょうけど。

少なくとも、
今回みたいに Amazonさんが教えてくれるなら、
ありがたく教わっちゃいましょう。

そんな感じで。

見分け方の実践編でございました。

ぱちぱち。

※昨日、載せるの忘れてた。。
 テスト仕入の経過観察。

 地味だなぁ。

■ええれぽーと。

 ・このレポート、メッチャお金かかっているんじゃないかしら。。
  ⇒ ダウンロード

ぽんじゃーーーー。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる