今回のFBA手数料改定が小型・軽量プログラムに与えるインパクトとは。

今日は札幌飲み会。
札幌駅付近で、読者さんたちと飲んできます。

 

もうね、昨日は酒を断ちましたから。
メッチャ調子いいっすよ。

 

二次会からでも参加されたいって方は、
コチラに連絡ください。
 taro_sedori@sentence-ex.jp

※その場のノリなので、
 行くか行かないかはわかんないけど。

 

そうそう。

 

 

なんかねー
Amazonの料金改定とか、
気にされている方もいらっしゃるかもしれませんが。

 

コレね。

 

まぁ、リサーチのキホンは変わりませんし。

特にね、小型・軽量プログラムは
昨年の11月時点で、もう既に個数で
手数が料発生する仕組みになっていたんですよ。

んで、今回の手数料改定に「小型」って書いてあるのが
ちょいと気になった方もいらっしゃるかなと思い。

 

補足させていただきます。

 

まず。

 

 「小型」

  と

 「小型軽量プログラム」

 のは別なんですよ。

 

通常の小型っていうのは。

 

メディア系の商品とか
「小型・軽量プログラム」を適用していない
小さい商品とかが該当します。

 

とはいってもね、一応根拠がないと
メルマガに書くのもアレなので。

 

念のためにテクサポにも聞いてみたところ・・
こんな感じの回答でした。

 

在庫保管手数料とか、ラベル貼り付けミスなどの
追加料金発生については、今回の影響を受けますが。

フツーに商品を販売する分には、
影響ゼロです。

 

今回の手数料改定についてまとめると。

 

小型・軽量プログラム
 ⇒ 影響ゼロ

 

その他の商品
 ⇒ 純粋に手数料が増えて粗利が出しづらくなる。

   また、「まとめ買い」による利益爆発が見込めなくなる。

 

あと、納品でミスしたときのペナルティの課金額が
ちょっとお高くなる程度ですかね。

 

その辺は、そもそもミスの無い様にやるべきなので、
あんまり考えてもしょうがないです。

 

あとは、在庫保管手数料か。

 

これもね、そもそも回転が良いモノを扱う前提なので
あんまり影響ないです。

そんな感じで、
とくに心配ないッスよ。

 

 

んで。

今回、電脳リピートせどりコンサルの3期でも
しっかりマスターしてもらおうと考えている
小型・軽量プログラムなんですが、

 

私が個人的にもかなりオモロイと思う稼ぎ方だし、
ライバルもほとんどいない。

 

 

しかも、今回の手数料改定の影響を受けない。
コレ、かなり強いんじゃないでしょうか。

 

まぁ、「電脳リピート」がテーマなので、
教えられるのは小型・軽量プログラムだけじゃないんですけど。

結構追い風な気がしたので、
書かせていただきましたよ。

電脳リピートせどりコンサル3期。
先行募集は明日中までとなりました。

既に多くの方が参加されていますが、
我々が得意とする、食品や小型・軽量商品。

 

商品の種類も膨大にあるので、
リサーチを積み重ね、
毎月の稼ぎを積み上げ式で増やしていきましょうぞ。

 

 

そんじゃ~ら

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!ツイッターでも、更新履歴を流してます。


カテゴリー: 未分類   パーマリンク


コメントは受け付けていません。

この記事のトラックバックURL :

メルマガ登録

 

メルマガ登録をされると
本編動画が視聴できます。

※全4話を、4回に分けてメルマガで配信します。
メルマガ登録をしてくださいね。