私の電脳リピートのマニュアルとガチのリサーチ動画とスカイプで教えるやつの企画。

札幌、メッチャ寒いっすわー

昨夜はストーブ点けましたからね。

道民は室内で厚着をする習慣がないので、
軽装で寒いと感じたら、
すぐストーブに頼る傾向があります。

 

 

んで。

 

冷えたビールとか、
鍛高譚のロックとかを

ちょっと暑いくらいの室内で楽しむんですよ。

 

たまーに。

 

「暑い~」って、
窓を開けて「涼しいわぁ」とか言ってみたり。

この何とも言えない矛盾を
わかってはいつつも、
寒い季節と仲良くやっていくわけです。

 

エコじゃないけど。。

そうでもしていないと
北国の冬はやってられんのですぜ。

 

 

うーん。

 

最近、せどりのこと書かな過ぎだな。。

 

まぁ。

ここ2年近く、食品のリピートっていう
同じネタを書き続けているだけですからね。

そこからどんだけ広げられるか・・

っていうか、別に広げる
必要もないわけですから。

いやぁ、ダラダラ生活が止まらない。

 

そんなわけで。

 

って、相変わらず話が
つながっていないんですが。

久々にノウハウ的なモノを公開させていただきます。

 

もし、あなたが電脳リピートの
ダラダラ生活に興味があるなら。

 

まぁ、ダラダラ出来るってことは、
自由な時間がたくさん出来るってことで。
むしろ、副業向きかもしれませんが。

 

パソコンさえあれば、
好きなだけリピート出来る
商品を見つけて売り続けるって生活。

 

あと。
週に1回くらいはがんばって納品作業する生活。

そんなのを実現するのに
役立つマニュアルを作ってみましたよ。

 

あと。

 

私が30分間ガチで
リサーチした動画を撮ってみました。

 

こちらも、モザイク無しで
フツーに見れる状態で再生できるようにしています。

 

※モザイク有りはコレ。

 

 

えーと。
・電脳リピートのマニュアル
・私が30分ガチでリサーチしている動画

これを、とある教材の特典としてお付けします。

 

 

むは。。

 

唐突ですな。
というのもね。

 

 

今月の中頃、
名古屋に行ったときに、

ちょうど教材作成者の”野心せどらー”さんに
お会いすることがあって、
教材についての話を聞いてみたところ。

 

実際、私のやっている
せどりの手法とは真逆なんですよね。

 

トレンドを掴んで売る。

 

 

ってやつ。

今しか売れない商品はシカトでよろしい。
というのが、私の考えなんですが。

 

 

実際のところ。

 

トレンドを掴んで売るっていうのは、
稼ぎだけでいえば、リピートよりも全然イイです。

私も会社を辞めたくて、
電脳も店舗もやっていた頃が
イチバン稼ぎは大きかったんですよ。

 

でも。

 

だんだん、
店舗に行くのがダルくなってきて。

リピートする商品の数を増やせば、
店舗行かなくてもいいんじゃないのか。。

 

 

ってことに気づいて、
爆発的な利益は出ないかわりに、

 

毎月安定した収入を確保できる
今の電脳リピート生活に至るわけですが。

 

 

まぁでも、相性はいいかもしれませんね。

トレンドで短期的にゴリゴリ稼ぎつつ、
私の電脳リピートでジワジワ稼ぎを増やす。

 

そんな感じで組み合わせてやってもらえば、
稼ぎが安定するのも早いっす。

 

あとは~。

希望ありましたら、
スカイプで直接お話でもしましょうかね。

 

 

1時間くらいですかね。
リサーチをお見せしてもいいですよ。

 

人数多すぎたらコンサルにも影響出ちゃうので、
こちらは先着順で、私が無理と判断した時点でやめます。

 

そんな感じで。

・電脳リピートのマニュアル
・私が30分ガチでリサーチしている動画
・(先着数名)スカイプでリサーチとか雑談とかするやつ

 

が特典になりますが、
トレンドを掴んで売るって教材は↓のリンクから買えます。
 ⇒ 終了しました

※数日でリンクは消滅させる予定です。

 

 

☆注意☆

購入画面に爆酔せどり通信の特典と
表示されていなければ、特典は付かないのでご注意くださいませ。

 

 

 

そんな感じでしたー。

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!ツイッターでも、更新履歴を流してます。


カテゴリー: 未分類   パーマリンク


コメントは受け付けていません。

この記事のトラックバックURL :

メルマガ登録

 

メルマガ登録をされると
本編動画が視聴できます。

※全4話を、4回に分けてメルマガで配信します。
メルマガ登録をしてくださいね。