2年前からあんまり変わっていないリサーチ方法だけど、ぶっちゃけ重要なのは仕入れ判断っす。

おぅえぉぅうううぃっす。




っす。

14時半に起床。

 

ところで。

そんな私の今の生活はこんな感じ。

 

・昼~夕方に起床。

・売り上げチェック、在庫チェック。(約10分)
 ※めんどくさい日はやりません。

・在庫補充。(約5分)
 ※在庫補充の必要が無い場合、
  またはめんどうさい日はやりません。

・電脳リサーチ(週に1時間程度)

・納品作業(週に6時間程度)

・ススキノに出かける。(週に2~3回)

・自宅で飲む。(週に5~7回)
 ※ススキノで飲んだ後に自宅で飲むこともあるので。

 

そんなわけで。
まぁ、大体飲んでいます。

 

って、、重要なのはそこじゃないですよね。

 

この生活を見て頂くとわかる通り、
ほとんど、せどりっぽいことをしていないんですよ。

 

売り上げチェックして、在庫をチェック。

 

補充が必要だったら、
ネットの購入履歴からポチって終わり。

新規に取り扱う商品を増やしたいときだけ、
電脳リサーチをやっています。

 

まぁ、ラクですよ。

 

そんな中でも、いっちばん
メンドクサイのが納品作業だったりします。

 

この辺は代行業者を使ってもいいのですが、
これ以上ラクにしてしまうと「仕事ってなんだろう。。」

っていう別な悩みが生まれてきそうなので、
今も自分でやっています。

 

500-600商品とかあると、
納品作業に半日くらいかかっちゃうんですけどね。

 

それでも、最初は苦労しましたよ。
2年前に食品せどりを始めたわけですが。

その頃は、周りには誰も食品せどりを
やっている人も居なくて、当然教材なんかもありません。

 

食品せどりのメルマガなんていうのも、
見たことありませんでしたから。

 

まぁ、売れるモノがサッパリ見つからない。

「このリサーチ方法で本当に合っているのか?」

って、ギモンに感じながらやっていましたからね。

 

賞味期限とか温度管理とか。
その辺のルールもあんまり理解していなかったので。

 

アマゾンからダメ出しされまくりだし。
賞味期限切れの在庫が大量に戻ってくるし。

 

まぁ、キツかったですわ。

 

多分、食品せどりで思い当たるカベの
全てにぶち当たったんじゃないかってくらい。

 

でも実は、その当時から
私のリサーチ方法自体は変わっていないんです。

 

若干のマイナーチェンジはしていますけどね、
キホンは同じです。

 

 

となると。。

 

「当時の私のリサーチ方法は正解だったのか」

と言われると、ちょいと微妙だったりします。

 

リサーチ方法なんて、
実はどうでも良かったりします。。

これは割と最近気づいたのですが、
重要なのは「仕入れ判断」なんですよね。

 

 

そんなわけで、
当時も今も。

リサーチには、
モノレートしか使っていません。

 

この特典では、私の行っている
「効率的なモノレートでのリサーチ方法」

を、ビシっとまとめました。

 

それに加えて。
食品せどりに関して特に重要な、

 

「一瞬でキマる仕入れ判断」

 

っていうのも載せています。

 

この特典を活用して、
徐々にリピート在庫を積み上げていけば。。

 

同じ商品を何度も繰り返し売り続けることになるので、
徐々に、リサーチをする必要が無くなってきます。

 

 

あと。

それだけじゃ不安ですよね。

 

最近、食品せどら~が増えてきているんですよ。

私自身がイチバン身に染みて感じているのがココです。

 

今から参入しても大丈夫なのか。
ライバルが「ぐわぁあああ」って増えても稼げるのか。

その辺の不安を解消する方法も盛り込みました。
この辺がバッチリ理解できていれば、
怖いもんなしでしょう。うん。

 

 

大丈夫っすよ。

 

先生も情報もライバルもなかった時代から、
今のライバル群雄割拠の時代まで。
継続してコレで食ってきている私が言うんだから大丈夫。

 

まぁ、実際に仕入れて。
売って。リピート在庫を積み上げて。。

という流れを構築するまでは、
苦労するかもしれませんね。

 

 

やったこと無いならなおさらです。
せっかくイイ感じにまとめた特典だし。

 

 

これをオマケ扱いで出すのも
ちょっと微妙な気持ちにもなりますが、

昨日発売された中古家電マニュアルの特典として、
手に入れることが出来ます。

 

よければどうぞ。
コチラが特典付きの購入ページになります。

 

 

 

すんげーシンプルな画面ですが
気にしないでくださいませ~。

 

 

 

そんではぁ~~~。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる