同じ商品(食品)を何個仕入れたら良いのかがわかる方程式はコレ。

あびゃびゃびゃびゃびゃ。





す。

健康診断、
結果が来ました。

 

まさかの、
肝臓以外オールA判定。

 

肝臓はC(経過観察)。

これをどう見るか。。

 

この生活を何年も続けて、
Cなら良い方なのか。

 

良い方に捉えつつも、
月に2回くらいは休肝日を作ろうと思いまっす。

 

 

ふぃ。

 

3月13日からやっている、
食品とドラッグストアの電脳リピート仕入れコンサル。

※名前なげぇ。
 気の利いたネーミングが思いつかないんすよ。

 

 

徐々に、電脳リサーチを
身に付けつつある方が増えてきました。

 

 

んで、
割と質問を頂くのが。

「この商品。
 いくつくらい仕入れたら良いですか。」

 

という内容ですね。

 

もちろん、過去にも書きましたが、
最初に仕入れる数は1コが良いです。

 

なので、質問の意図は。
その1コを売った後の話ってことですね。

 

 

ザックリ、
月間に売れる数の目安としては、
こんな考え方です。

 

【判断材料】

 ・その商品月間に売れた数
  ⇒ モノレートで確認

 

 ・FBAライバルの人数
  ⇒ Amazon販売ページから確認

 

 ・商品の賞味期限
  ⇒ メーカーサイト、
    商品パッケージから確認。

 

当たり前なんですが、
こういう理屈ですな。

 

 

「その商品が月間に売れた数
  ÷(FBAライバルの人数+1)
  ×(賞味期限-2ヶ月)」

 

 

まぁ、大体
これくらいの数量を目安に考えます。

 

 

実際は、

まとめ買いされたりで
早めに売り切れることもありますし、

 

ライバルが増えて
予測よりも売れなくなることもあります。

 

 

その辺は読むのが難しいので、
リスクを減らしたければ。

「(賞味期限-3ヵ月)」

 

 

にしてみるとか。

 

1ヵ月で売り切れそうな
量のみを仕入れるとか。

 

さじ加減で良いと思います。

 

・売上を伸ばすには、
 1ヵ月で売り切る量のみ仕入れる。

 

・手間をかけずにやるには、
 賞味期限から逆算して売り切る量を仕入れる。

1回に仕入れる数量が少なければ、
納品の手間(頻度)が増えるわけなので、メンドクサイ。
でも、売り切りやすい。

 

1回に仕入れる数量が多ければ、
納品の手間(頻度)が少ないので、ラク。
でも、売れ残るかもしれない。

 

当然ですね。

 

このあたりは、
リスクと手間のバランスですが、

 

始めたばかりという方には、

1ヵ月で売り切る量を仕入れて、

資金をガンガン回してもらう
スタンスでアドバイスをしていますよ。

 

 

 

そんな感じでっす。

 

うーん。

なんかわかりづらかったですかね。

 

 

んじゃ次回は、
例を挙げて説明してみましょーか。

 

あなたなら、FBAでこの商品を売る場合。
何個仕入れますか。
 ⇒ モノレート

 

 

まぁ例なので。
この際、粗利のことは除外して。

 

「回転・ライバル・賞味期限」

この辺を材料に考えてみましょー。

 

 

んじゃ、
れぽーとを選んできたのでどうぞ。

 

 

ガバッと一括で
モノレートからリサーチ出来ちゃうツール。
 ⇒ 見る

 

 

 

ほんでわらーーー

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!ツイッターでも、更新履歴を流してます。


カテゴリー: 未分類   パーマリンク


コメントは受け付けていません。

この記事のトラックバックURL :

メルマガ登録

 

メルマガ登録をされると
本編動画が視聴できます。

※全4話を、4回に分けてメルマガで配信します。
メルマガ登録をしてくださいね。