小型軽量の納品作業風景がコチラです。

今日は納品デーにしました。

そこそこ数があったので、
メンドクサかったー。

もー、
ちいせぇんですよ。

商品が。

しかも、

すんごく久々なんですが、
商品1コ紛失しちゃいましたからね。

1.5センチくらいの軽いやつで、
袋から取り出そうとしたら、

ジャララ・・って出てきて。

作業机にカツンと反射して、
どこかのスキマへ消え去りました。

納品プランの数量「30」を
そっと「29」へ変更して、

何もなかったことにしましたけどね。

まぁ、納品の風景って
みんな大して変わらないと思いますが、
こんな感じでやっとります。

画面外にも2ハコあるので、
作業量は割と多めかもっす。

んで。

小型軽量を納品する作業の特徴は、

「同一の商品を透明な袋に全部入れて、
 袋に個数を書いたシールを貼っておく」

このくらいっす。

なので、通常商品の納品作業と
そんなにやることは変わんないっす。

ちなみに、
「袋に貼る」っていうのはこういうことね。

個数を書くシールは、
納品シールのハンパ分を
活用すると一石二鳥。

全部使い切ってゴミ箱へポイ
できる時が納品作業の
小さな楽しみでございます。

そんなわけで、
本日の納品数はこのくらい。

んで、玄関がこんな感じです。

納品数に比べて、
箱が小さいのも小型軽量のメリットですね。

送料が安く済む。

ふぇええ。

そういえば。
昨日、レポートスタンドへ申請しておいたアレ、
無事審査が通りましたので良ければどうぞ。

▼目隠し状態でも回転を予測できる方法
 ⇒ ダウンロード

そんな感じでした~

■ええれぽーと。

 ・私は今まで自己発送をしたことが一度もないのですが、
  使い分けるなら、こんな方法でしょうね。
   ⇒ ダウンロード

ヴぉんざーーーーら。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる