食品せどりマニュアルVer.00

 

 

 

 

繰り返し、

同じ商品をリピート販売するだけのせどり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたがやることは。

 

 

 

 

 

 

 

 

最終的には、

ただの在庫補充になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

在庫が切れそうになったら、

 

 

 

 

 

 

 

 

ネットショップの購入履歴からポチるだけ。

 

 

 

 

 

 

 

 

それだけで、仕入れは終わりです。

 

 

 

 

 

 

 

 

仕入時間、週に30分。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私、タローが。

 

 

電脳せどりに目覚め、

月間300時間かけリサーチして気づいたこと。

 

 

 

それは、

 

 

 

食品せどりより、

ラクなせどりはこの世に存在しない。

 

 

 

 

 

 

  だった。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 なんてね、

 そんなノリで書いてみちゃいました。

 

 

 

 

 でも、事実です。

メッチャ売れます!

 

 

そもそも、「食品」というジャンル自体。

恐ろしく回転が速く、

且つ、繰り返し売れるため。

 

 

売れ筋の商品を揃えるだけで、

売上が立つという。

 

 

 

まさに、自動販売機的な

売り方のできるジャンルなのです。

 

 

 

 

では、どれだけ回転が良いかといいますと。

20161028 

 

こちらは、私の昨年度の年商なのですが。

 

 

売り上げた商品の半数近くが、

食品です。

2016102802

 

 

 

 

過去に、メルマガでも紹介した画面ショットがこちら。

7gatugesshou

※配信日時 2016/08/01 19:50 件名:7月の月商公開。どん。

 

 

 月間、千個以上の商品を販売しているにも関わらず。

 

 

 

 仕入れにかける稼働は、週に30分くらいです。

 楽天ポイントもガンガン貯まります。

20161020

 

 

 

 

 そんな、食品せどりをマスターしてもらうためのマニュアルを作ってしまいました。

 

 

 

そして、このたび。

 

 

 

当ブログにて、

食品せどりのマニュアルを販売します。

 

 

 

マニュアルの作者は私。

タローです。

 

 

 

なので、食品せどりのメリットについては、

いくらでも語ることはできますが。

 

 

 

 

あえて、

デメリットから説明していきます。

 

 

 

まず。

 

 

 

うーん。

これ、言っちゃっていいのかな。。。

 

でも、言います。

 

 

フツーの家電とかの店舗仕入れも併用した方が多分稼げます。

※参考画像

kyonennno7gatu

これは、2015年の7月の売上です。

今よりも稼いでいます。

 

 

 

 

 

 何が言いたいのかというと、

 この頃、メッチャ大変でした。

 

 

 

 

 昼は店舗仕入れで秋葉原に出かけ。

 夜は電脳仕入れ。

 

 

 

商品に溢れた部屋で、

1点モノの商品をセラーセントラルに登録してラベル貼り。

 

 

 

 

 

まさに。

  苦行。。。

 

 

そういうのが好きなら、

店舗仕入れも組み合わせて月商を上げて頂ければ良いと思いますが。

 

 

 

私はイヤだったんですよね。

 

 

 

「もっとラクに稼ぎたい」

 

 

 

そんなことを考えていました。

 

 

この頃は、

利益さえ出れば根こそぎ仕入れるという、

いわゆる

「パワーせどらー」

ってやつでしょうか。

 

 

 

店舗交渉もやりましたし、

ヤフオクからも仕入れました。

 

 

 

RSS機能を使った仕入れ。

とかも、かなり機能的に使いこなしてはいましたが、

根本としては納得していなかったんですよ。

 

 

 

 

もっと楽に稼げる方法は無いか。

 

 

 

って、そんなことを考えていた頃ですね。

 

 

 

 

 

 

ちょうどその頃。

 

 

実家から仕送りが来て、

その中に「じゃがポックル」が入っていました。

 

 

本当は、純粋に「じゃがポックル」が美味しかったから

また食べたいと思って、

Amazonから買おうとするも。。

 

 

 

定価の倍以上の値段で売られていたんですよ

そこで思ったのは、「うあ、高っ。。」

 

 

ではなく。

 

 

 

 

これ、売れんじゃね?

 

 

 

 

でした。

 

 

すぐさま、「じゃがポックル」を定価で仕入れられるショップを

見つけて、試しに出品してみたところ。。

 

 

 

 

 

 

 

ガンガン売れたわけです。

 

 

 

 

それから、

他にも同じように売れる商品は無いかとリサーチを続けるうちに、

今のような「売るモノリスト」が構築されていきました。

 

 

 

リサーチに関しても、

かなりの時間をかけました。

 

 

 

当時は、食品せどりを教えてくれる人も居なかったので、

いわば、自己流です。

 

 

まぁ、わからんことだらけでしたし、不備も多く。

アマゾンにも、いろいろと怒られました。。

 

 

でもね。徐々にコツを掴み、半年後くらいには

取り扱う商品のの半分以上が「食品」になっていったわけです。

 

 

 

繰り返し売れるモノを見つけるためには、

根気強いリサーチが必要です。

 

 

 

 

 

仕入れは週に30分とか言っていたのに。。。

と思われたでしょうか。

 

 

 

それは、

どちらも本当です。

 

 

 

 

「根気強いリサーチ」を続けた結果。

仕入れは週30分になった。

 

 

 

 

ということです。

 

 

 

 

なので。

 

 

マニュアルを手にされた途端、

仕入れは週30分で良くなるわけじゃありませんよ。

 

 

 

 

メリットばかりを強調して、結果的にガッカリさせるのは、

私の性格に合いませんので、キチンと説明しますね。

 

 

 

 

週に30分で充分な仕入れ。

 

 

 

それは、ある意味。

食品のリピート販売を究極に効率化した結果のお話です。

 

 

 

 

あなたはこれから、

究極的にラクちんな、食品せどりの世界に足を踏み入れることになります。

 

 

 

 

つまり。

 

 

 

月間10個売れる商品を20種類。

月間30個売れる商品を10種類。

 

 

 

 

これだけ見つけられれば。

月間で500個の商品を売ることが出来ます。

 

 

 

私は、その倍の商品を既に見つけています。

 

 

 

なので。

それらの商品を繰り返し、在庫が無くなりそうになれば買う。

 

 

 

 

「在庫を補充して売るだけ」。

 

 

 

 

 

何度も何度も、売り続けるだけで。

 

 

 

 

 

不労所得のような

収入を得ることが出来ています。

 

 

 

 

それは一見、難しいことに思えるかもしれませんね。

 

 

 

 

でも。

そんなことはありません。

 

 

 

 

メチャクチャ簡単です。

 

 

 

 

 

もちろん、あなたにも出来ます。

 

 

 

 だって、リサーチ方法は単純なのに、

 ほとんどライバルの居ない商品が数多く存在しているからです。

 

 

 

 

 

あなたがやることは、

マニュアルに書いてある内容に沿って、

 

 

リサーチを淡々と続けることです。

 

 

 

 

電脳のリサーチは、単純作業の繰り返しです。

特別な能力は必要ありません。

 

 

 

ちょっとした発想、アイデア。

 

これを加えると少し有利になりますが、

 

時間をかけ、

キーワードを組み換え、

リサーチを続けるんです。

 

 

モノレートの売れ行き、適正価格を把握し。

 

 

商品を、

あなたの「繰り返し売れるモノリスト」へ

追加していってください。

 

 

 

 

 

このマニュアルが公開されると、

ライバルが増えるのでは?

 

 

 

 

なんて思われるかもしれませんが、

食品、恐ろしく種類が多いです。

 

 

 

 

 

加えて、

食品せどりは、リサーチの幅を、

いくらでも広げられるんです。

 

 

 

 

 

食品せどりを始めたばかりのせどら~は、

同じような有名商品に群がって、

価格競争を引き起こす傾向があります。

 

 

 

 

でも、本当にオイシイ食品せどりを知っているせどら~は、

それを横目に、バシバシと売り続けているわけです。

 

 

 

 

 

 

例えば。。

北海道限定のこのお菓子。

zyagapokkuru

※クリックで拡大できます。

 

 

今も、月間平均74回も売れています。

 

 

ここで重要なのは、「74回注文されている」というデータに加えて、

少なくとも、「74個注文されている」という事実です。

 

 

 

このデータは、

「注文された回数」であって、

「注文された個数」とイコールではありません。

 

 

 

つまり、1回の注文で1個しか売れなくても、

5個売れたとしても、データ上は「1回の注文」という意味です。

 

 

 

そう考えると、

恐ろしく回転の良い商品だということが想像できると思います。

 

 

 

 

 

そんな商品が、

2015年頃は定価の倍以上の価格で飛ぶように売れていました。

 

 

 

 

 

でも、今はこのような状態になっています。

 

 

最安値の推移。

zyagapokkuru02

2016年10月時点でのカート価格。

zyagapokkuru03

 

 

 

まぁ、散々に荒らされて。

現在は利益の出ない状態になっていますね。

 

 

 

これが、今の食品せどりの現実です。

 

 

 

 

 

売れ筋商品だけを狙ったり、

テレビで放送された商品を狙ったり。

 

 

 

 

いわゆる、「トレンド」を追うせどりが

食品ジャンルでも流行しているような状態です。

 

 

 

 

でも。

 

 

 

 

 

 

 私がお伝えしたいのは、

そのようなせどりではありません。

 

 

 

 

流行やシーズン、行事に左右されず、

いつでも、一定の需要のある食品を見つけてほしいのです。

 

 

 

 

例えば。。

 

 

大豆。

 

 

とか。

 

 

 

小麦。

 

 

 

 

とか。

 

 

 

 

醤油。

 

 

 

 

とか。

 

 

 

 

まぁ、キリがないのでこの辺にしておきます。

今、説明したような商品は。

 

 

 

 

常に需要があります。

 

 

 

 

マニュアルを手にされたら、

そのような商品についても是非リサーチして頂きたいです。

 

 

 

 

 

 

そうやって、

他のせどら~が思いもしないような商品を見つけてもらえたら、

私としてもメチャクチャうれしいです。

 

 

 

あまりダラダラ書いていてもしょうがないので、

最後にまとめます。

 

 

食品せどりマニュアルを手にしたら達成してほしいこと。

 

【目標】 週に30分程度の仕入れで、充分売り上げられるようになる。

【やること】 マニュアルに書いてあることを淡々と実行する。

 

 

これだけです。

 

 

マニュアルがなくても、

私は8ヵ月ほどで達成できました。

 

 

 

 

マニュアルを読んで、

キチンと実践して頂ければ。

 

 

あなたは、2-3ヵ月で達成できると思います。

 

 

 

特にサポートや、返金保障なども付けていません。

買ったら終わりです。

 

 

 

 

でも、シンプルな手法なので、

読めばわかりますよ。

 

 

 

こちらから購入できます。

kounyuubotan